『 ステータス画面01 』
DJI Go4.0 ステータス画面01
  • ① 飛行に関するエラー場ある場合、『赤・黄色』等のエラー内容が表示されます。異常が何もない場合は、『ノーマル ファームウェア最新』と表示されます。
  • ② 現在の『フライトモード』を表示しています。
      『GPS』:GPSで、確実に現在地を把握している状態で、安定した飛行が行える状況です。
      『ATTI』:GPS・ビジョンシステム等が無効の状態です。MavicAirの場合、手動でATTIモードを選択することは出来ません。屋内で操縦している場合などに、ATTIモードになります。
      『OPTI』:GPSが無効の状態です。【ビジョンシステムは有効です。】MavicAirの場合、手動でOPTIモードを選択することは出来ません。
      『Sport』:コントローラーで『スポーツモード』のスイッチを、ONにしている時になります。スポーツモードでは、『GPS機能のみON』で「ビジョンシステム等の障害物検知機能はOFF」になります。飛行傾斜角の上限が上げられて、より速度が出せるようになります。(飛行時により傾斜がつくので、映像にプロペラが映り込みやすくなります。)
  • ③ 最大飛行高度を設定します。ドローンがこの高度に達すると、最高高度に到達した旨が画面表示され上昇出来なくなります。注意:ここで言う【高度】は、あくまでもアプリで表示されている高度です。ホームポイントの高度を0とした時の、機体高度なので注意が必要です。
    航空法高度規制
  • ④ 電磁コンパスに異常がないかを示しています。異常な場合、【キャリ・・・します。】ってとこを押して、キャリブレーションします。
  • ⑤ 機体の姿勢制御システムに異常がないかを示しています。異常の場合は、設定から【IMUキャリブレーション】を行う必要があります。異常が表示されることは、通常ありません。(私も異常表示が出たことがありません。定期的に設定からキャリブレーションしているからだと思います。)
  • ⑥ モーターを制御しているシステムに異常がないかを示しています。異常の場合は、ESC基盤などに問題が生じている可能性があります。機体を販売店・メーカー等で、点検・整備する必要があります。(通常異常が出るものではありません。飛行時間数が多くなってくると、交換した方が良いと聞いたことがあります。)
  • ⑦ ビジョンセンサーに異常がないかを示しています。

『 ステータス画面02 』
DJI Go4.0 ステータス画面02
  • ① 送信機モードを示しています。ここで確認をして下さい。変更する場合は、右の矢印を押して変更することが出来ます。
  • ② 送信機のバッテリー残量を示しています。
  • ③ 送信機の【Fn】【C】キーに割り当てている機能を示しています。ここで割り当てている機能を変更できます。下記の様な機能を割り当てることが出来ます。
    カスタマイズキー01
  • ④ 機体のバッテリー残量を示しています。
  • ⑤ 機体のバッテリー温度を示しています。(冬場などでバッテリー温度が低い場合は、注意して下さい。急激にバッテリーの電圧が低下して、墜落の危険性があります。)
  • ⑥ カメラジンバルに異常がないかを示しています。

『 ステータス画面03 』
DJI Go4.0 ステータス画面02
  • ① SDカード残り容量を示しています。ちなみに私はずっと【SDカードエラー】の表示が出ています。録画は問題なく出来ます。視聴者さんでも同じ症状出てる人いてるので、バグかもしれませんね。(色々SDカードを入れ替えて試したけどダメでした...まあ、録画できるので問題ないのですが...)
  • ② 内部ストレージの空き容量を表示しています。(内部ストレージに録画すると、データの取り出しが面倒なので私は使っていません。SD忘れた時に使うくらいでしょうか。)

PAGE TOP


Copyright © 2017 GakuChannel


※GakuChannelのサイトに記載する内容を、許可なく転載・複製することは禁止します。